団塊世代の大量退職による2012年問題が発生か?

今から5年前「2007年」に発生した団塊世代の大量退職による雇用問題「2007年問題」が、来年2012年に再度発生すると言われています。

2007年問題の際、60歳だった団塊世代が来年には再就職後の定年を迎え、再度団塊世代の大量退職が始まることが「2012年問題」の原因ですが、この問題に対する対策を行おうとすると、今度は若者の雇用機会を奪ってしまう恐れがあるという非常選択が難しい問題となっています。

2012年問題により来年3月、4月、5月当たりは求職者の方が増加しそうな流れですので、転職&再就職を検討されている方は来年1月、2月に転職、再就職活動を進めることをお勧めします。

カテゴリー: その他, 関連情報 タグ: , , , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。